退屈の向こう側(L)

のんびり書きたいことを書きます。

JUGEMでブログを書いていましたが、移転を検討中のため試験的にこのブログを始めました。
よろしければJUGEMのブログもご覧ください。
http://capriciously.jugem.jp/

tbmu22

9月10日(水)、第22回東京ブロガーミートアップに行ってきました。

勢いで申し込み

以前から興味はありましたが、LTが必須だったので参加したことがありませんでした。
ですが、ブロガーズフェスティバル2014で講演やLT大会を見て、「まずは参加しないことには何も変わらない」と勝手に背中を押された気分になり、機会があったらそっと手を挙げてみようかなと考えるようになりました。

そう舞い上がって思っていた所に、ブロガーミートアップの募集を発見。
今回はLTなしでも参加できるという事でしたが、LTなしで応募すると落選しちゃうんじゃないかと思ったのもありましたし、今やっとかないと、結局やらずに終わっちゃいそうなので、早まった感はありましたがやっちゃいましたよ。

当選から当日まで

で、当選した時から気になっていたのが、事前にデータの送付とか発表順とかその辺の連絡が一切なかったこと。

自分のPC持って行かなくてもOKという事だったので、お言葉に甘えてお借りするつもりでいたんですが、当日データ開けないとかならないように確認とかしないのかな…とか色々心配でした。

一応、前日に問い合わせてみたら「大丈夫!」的な回答をいただけたので、まあ何とかなるのかな…と楽観的に考えてました。

そして迎えたミートアップ当日。
登檀者は早めに集合して…みたいな指示もなかったので、とにかく不安なまま到着。
受付でも特に何か指示があるわけでもなく。
まあ、だったら自分から聞きにいけよって話なんですが、とりあえず様子見で適当に座りました。

第1部はファンコミュニケーションズ様のお話しから始まりました。
私はA8.net しか利用していないので、スマホ向けのサービスはもっと積極的に利用した方がいいのかなと思いました。

そして、LT前に懇親会。
懇親・・・?交流・・・?そんな余裕あるわけなかろうもん。
美味しそうな料理がたくさん並んでましたが、緊張でほとんど食べられず。
よく覚えていませんが、ちょっとだけ何か甘いのとしょっぱいのを食べました。
大好きな唐揚げと焼きそばがあったけど、とても食べられなかったのは覚えています。

そして第2部はいよいよ恐怖のLT。
どの方も完成度高いし、ちゃんと参考になる情報を盛り込んでいて、ますます血の気が引いていきました。

もし「時間が足りないので、LT辞退してくれる人いませんか?」なんて事が起きたら光の速さで手を挙げたと思います。
(まあ、そんな事が起きるわけないんですけど。)

ついに自分の番が来てしまいました。
PowerPointで作成したデータを持ってきていたのでPCを貸していただいたんですが、まさかの不安的中。
ファイルが開けない…。

原因はよく分かりませんでしたが、PDFも用意するなり、自分でPC用意するなり対策をしていくべきでした。
運営の方にも他の参加者の方にもご迷惑かけてしまって申し訳なかったです。

内容的には本当にただ困ってることを発表したのと、ファンコミュニケーションズ様への公開謝罪でした。
事前にシミュレーションした時は時間が余っていたので、焦らず喋れば大丈夫と思っていたら、本番では用意したカンペもストップウォッチも目に入らず、途中で要らんことを色々付け足してしまったようで、結局時間オーバー…もう最悪です。

ただただ恥をかいただけのLTとなってしまいましたが、「あの程度でいいなら…」とどこかで手を挙げてくれる人が増えたらいいなあと思います。
「あいつみたいな寒い思いはしたくない」とより一層下を向く決心をさせてしまっている可能性も高いですが。

残念な発表を終えて(まとめ)

でも、得るものもあります。人前で話す経験だけじゃなくて、新しい出会い的なものとか。
個人的にはノリハナ(@infnity_87_)さんに声掛けていただいたのが本当に嬉しかったです。恥かいて頑張ってよかった。

やってしまったものは仕方がないので後悔はしていないんですが、それでも申し込もうとしている自分 に会えるとしたら
やめとけ!ノリで行っていいのはラオウの葬式だけだぞ!
とか何とか言って、全力で止めちゃうかもしれませんね。

止めちゃうかもしれませんけど、ブログとか関係なく、やっておいて損はない経験かなと思いましたので、またどこかで挑戦してみようとは思います。
挑戦しないと失敗もできないですからね!

参加者ブログ一覧

Ingress(イングレス)にハマって散歩の回数が増えている今日この頃、今回はプチ遠征として横浜市中区周辺を歩き回ってきました。

中区を選んだのはAPがたくさん稼げそうだった神奈川県庁の夜間公開があるのを知ったからです。

普段は入れない屋上にはいれる!

夜間公開は昨年から実施されているそうです。

公開と言っても入れる場所はかなり限定されていますが、屋上に行けるのは貴重な機会です。
なんだったら「屋上だけ公開」でも十分なくらいです。

また、夜間公開は16日までですが、17日は昼間に知事室の公開などもやっています。
詳しい公開日時やイベントスケジュールについては県庁のサイトをご参照ください。

神奈川県庁本庁舎 今年も夜間公開!~キングの夕べ~

メインはイベントが行われる3階の大会議室と屋上です。
私が大会議室に行った時はフラダンスのショーをやっていました。

屋上ではアルコールも飲める!

屋上では生ビール等も販売されていて、お酒を飲みながら夜景を堪能できます。

当日は少し前まで雨が降っていたせいか、あまり人も多くなく、ゆっくりビール飲んだり夜景を眺めたりできました。

生ビールはそこそこのお値段ですが、枝豆などのおつまみ系はお手頃なので、わりとお手頃で楽しめます。
ちなみに、生ビールは屋上と5階で販売されていて、5階では2杯一緒に買うと50円引きで買えるようです。
(というのを後でしったので、屋上でも割引があるのか未確認です。)

ちょっとだけ特典もある!

浴衣で来場した人、小学生以下のお子さんには「キングの塔」缶バッジをくれるそうです!
知ってたら今年買った浴衣着て行ったのに…。

ふらっと県庁に行ける感じの辺りにお住まいの方にはオススメの夕涼みポイントです!
今週末までのイベントなので残り少ないですが、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみにIngress的には、敵陣のポータルを潰したいResistance、または敵陣のポータルをハックしてちょっとでもAP稼ぎたいResistanceにオススメかと思われます。

(参考)
神奈川県庁
神奈川県庁本庁舎 今年も夜間公開!~キングの夕べ~

余談

RICOH THETA持っている人を何人か見かけましたが、その場にいた人数を考えると「あっちにもTHETA、こっちにもTHETA」という感じでした。
確かに持ってたら絶対持って行きたいですね。

1557

アスカ(@asuka_xp)さんのブログ「め~んずスタジオ」で募集されていた「EXPANSYS Japan SIMフリースマホ ブロガーミーティング」に参加して、モニター機として「LG G3(LG-D855)」をお借りしました。

とりあえず開けてみる

1458

箱の中身はこんな感じ。プラグの形状はやはり日本のものではありませんでした。

1459

本体裏面はこんな感じ。ヘアライン加工が私好み。
側面にボタンがなく、電源や音量ボタンはカメラレンズの下に配置されています。
ちなみに私はこの電源ボタンの存在にしばらく気付けず、涙目で電源ボタンを探しました…。

1462

(フォントがちょっとアレでしたが)日本語もちゃんと対応しています。

SIMフリーの端末ということで、SIMのサイズとか挿す場所について。

1475

裏のカバーを外すと、電源ボタンの右側あたりに、SIMとSDカードを挿す場所がありました。
重ねて挿すようになっていて、下にSIM、上にSDといった感じ。
サイズはmicroSIMでした。

カメラをちょっと使ってみた

pcbag01

カメラはどんな感じかな?と思って、とりあえず「ひらくPCバッグ(週アスver)」を撮ってみました。
明るすぎず、クセがないというか、割と見たまんまの写真が撮れる感じがしました。
日本のスマホと比べると設定できる項目は多くありませんでした。
(カメラ画面のキャプチャ撮り忘れました…)

10日くらい使ってみた感想

電池の持ちはけっこういい感じ

自分のスマホ(SH-06E)と比べると格段に電池の持ちが良かったです。
余計なアプリがあまり入っていなくて裏で動いているものが少ないからなんでしょうか?

性能以外で不便なことも

性能に関係なく、個人的に困ると思ったのが2つ。
一つ目はケース。
日本未発売のモデルだと専用のケースがなかなか手に入らないこと。
私はスマホには絶対にケースを着けて使用したいので、ケースが簡単に購入できなかったり、選択肢が少なかったりするのはかなり困ります。

二つ目はストラップ。
ストラップと通す穴が無いんです。
私はよくスマホをポロッと落とすので、使用する時はストラップを手首に通して持つようにしています。
割と大きめ(XperiaZ2と同じくらい)なので、手の小さい私にはギリギリ片手で持てるサイズだったので、ストラップ無しで(しかも借り物!)使用するのはかなり緊張しました。

全体的には悪くなさそう。でも、最大の問題が…

サクサク動いていて動作も悪くないと感じましたし、余計なアプリが入っていないとは言っても最低限必要なアプリは最初から入っているので、買ったその日からまあまあ使えるのではないかと思いました。

決して悪い端末ではないと思いましたが、問題はお値段。
「でも、お高いんでしょう?」と問われたら言い返せないレベル。
(2014/8/13の時点で5万円超)
SIMフリー端末を使用する場合、コスト的な事も結構大事な要素だと思いますが、この価格はちょっと痛い…。

ですが、SIMフリーの端末も私の用途であれば問題なく使えるというのが分かりました。
ケース等細かい点が気にならなければかなり魅力的な選択肢だと思います。
今の機種の2年縛りが終わったら真剣に検討してみたいと思いました。

エクスパンシス

このページのトップヘ